MESSAGE 採用メッセージMESSAGE 採用メッセージ

NEW EMPLOYEE EDUCATION 新入社員教育についてNEW EMPLOYEE EDUCATION 新入社員教育について

NEW EMPLOYEE EDUCATION 新入社員教育について

NEW EMPLOYEE EDUCATION 新入社員教育について

自己紹介

司会

今回の座談会は、2016年度に入社したお二人に入社前の状況および入社後の新人研修、配属後の研修、状況について語って頂こうと思います。 まずは自己紹介をお願いします。

泉水

私は文学部出身で現代社会学を専攻していました。学生時代は全くITの経験は無く、知識はありませんでした。今はシステム基盤サービス部(SIS部)でメインフレームの構築業務を行っております。

茶屋

私は大学院で理系に属する環境共生工学を研究しておりましたが、微生物の研究なので私もITのことはほとんど分っておりませんでした。今はシステムマネジメントサービス部(SMS部)で大手情報サービス会社の従業員のパソコン管理を行っております。

司会

二人とも学生の時はITの経験、知識がほとんど無かったみたいですが、入社前にその辺りの不安はありませんでしたか?

泉水

漠然と不安はあったけど正直、入社前はITについて何もした記憶がない・・・。会社からは内定式の時にITパスポート資格試験の参考書を頂いたのですが、ほとんど見なかった。結局、学生時は何もしなかったということですね(笑)

茶屋

私は学生時と全く違う分野に進むので不安がありました。なので、会社から頂いた参考書で学習をしようと思いましたが修士論文が忙しくて結局少し参考書を読む程度の学習しかできなかった。
ただ、内定式の時に社長から「学生の時は学業をしっかりやって、後は学生生活を楽しんでください」と言われたので学業を優先しました(笑)。

司会

結局、お二人ともITの知識がほとんど無い状態で入社をしましたが、入社後の研修や配属後の業務で困ったことがありませんでしたか?

茶屋

新入社員合同研修(CAC Holdingsグループの他の会社の新入社員との合同研修)に参加しましたが、パソコンそのものの仕組みからプログラムやネットワークといった基本的なIT知識を幅広く、一から教えてもらえたので、知識が無い私でも基本からしっかり学ぶことができました。

泉水

パソコン本体の分解や組み立て、ネットワークの設定とか実際にパソコン本体を使っての研修だったので、理解しやすかった。参考書をほとんど読んでいない私でしたが、研修についていけました(笑)でも、研修の予習、復習をしっかりやって小テストの結果は良かったですよ。

「常にお客様に喜んでもらう視点が大切」

司会

新入社員合同研修では他にどんな研修を実施したのですか?またどんな環境、雰囲気でしたか?

茶屋

技術的な研修だけでなく、社会人としてのマナーや仕事の進め方、議事録・メールの書き方といったビジネス研修もやりました。後は、システムのライフサイクルやマネジメントなど、IT技術者として必要な知識、考え方の研修もあって、その中で顧客満足度の考え方、「常にお客様に喜んでもらう視点が大切な点」という内容は個人的に印象に残りました。

泉水

私が研修で最初に感じたのは、会社毎に社員の雰囲気が違っていることに驚きました。会社のカラーが違うというか、個性が様々というか・・・。研修では各社交じってのチーム体制で受講しますので、最初はコミュニケーションを取ることが大変でしたが、研修を通じてお互い助け合ったり、相談したりして、深く知って今では会社は違いますが連絡を取り合える関係ができました。時々、一緒に食事とかすることもあります。

茶屋

後、英語での3分間スピーチ。凄く緊張したのは覚えています。その時は英語で話すのは凄く難しいと感じたけど、やっぱり英語が話せるようになりたいので、会社で毎月TOEICの団体受験できる支援があるのでこれから活用して行こうと思っています。

司会

合同研修の後は、自社に戻って自社内新人研修を実施しましたがどんな研修でしたか?また、どう感じましたか?

茶屋

合同研修ではWindowsでしたが社内研修ではLinuxを学びました。後は、監視ツールのZabbixや仮想化環境などアークシステムで必要な技術領域を中心に実際に構築するところまで学びました。ただ、受講スタイルは「聞く」というより「自分で考えて手を動かす」ことなので、深く考えること、解決策を見いだすことなどが求められ大変でした。

泉水

ソフトウェアの設定作業がうまくいかない場合、その原因調査や設定ルールの確認など自分でマニュアルを読んだり、Webサイトで調べたりと解決策を考えていく作業が多かったので一つひとつが大変だったけど解決したときは嬉しかった。後、新入社員4人で「誰が最初に解決策を見つけるか」という競い合いみたいな事もあったので、それはそれで楽しい面もあったかな。

茶屋

今、現場で実際に業務を行うようになって、言われたことを単にやるだけでは無く「自分で考えて、行動する」ことが求められていることが沢山あります。だからこの研修で学んだことは重要なことだと実感しています。

泉水

後、合同研修と自社内研修は約3ヶ月間なので、焦らずに会社や社会人生活に慣れることができたと思います。新入社員なのでその間、多くの部署の社員の方々から懇親会に誘ってもらったので先輩達との関係が深まって入社後の不安も無くなりました。

「先輩の横で学ぶべき業務を見ながら
ひとつひとつ覚える」

司会

7月から現場配属となりましたが、各配属先ではどんな研修を実施しましたか?

泉水

私はSIS部なので研修で学んだWindowsやLinuxと違った技術の知識が必要でした。従って、新たに一からの研修を約1ヶ月間、部の先輩達がほぼ日替わりで、SIS部で必要な知識、技術の研修を実施してくれました。後は外部研修にも参加しました。
その後、8月からは今のお客様先での業務となり先輩達4~5人と一緒に業務をしております。

茶屋

私は配属時からお客様先での業務となりましたので特別な研修はありませんでした。現場での業務の学び方は「先輩の横で学ぶべき業務を見ながらひとつひとつ覚える」形になります。従って、基本的には「見て」「覚える」形ですが、実際に稼動しているお客様のシステムを触るので緊張もあり、凄く集中して学んでいます。
他には業務とは別に1日1時間程度の時間を割り当てられ、先輩から技術課題が出され、解決方法を調べて報告する研修を実施しています。分らない点は先輩に質問しつつ、また報告後に指摘を受けながら学んでいます。

司会

実際の現場に配属して感じていることはありますか?

泉水

やはり一人では無くチームで働いているので「報告・連絡・相談」は常に意識しています。近くに先輩はいるのですが皆さんも自分の業務をしているので常に私のことを見ることができないのかと思っています。私から報告することで先輩の皆さんが私の状況を理解すると思うので、その点はこれからもしっかりやっていこうと思っています。

茶屋

私の現場では、自社の社員の他にもお客様や協力会社など多くの関係者がおります。そうような皆さんと一緒に業務をすることがありますので、信頼関係を構築することが重要だと実感しています。
私はまだ配属して間もないので私のことを詳しく知らない方々もいますので、新人らしく元気良く挨拶をするなどして自分を知ってもらい一緒に働く方々と信頼関係を築いていこうと思っています。

司会

最後にこれからアークシステムを志望する学生に一言

茶屋

学生の時にITの経験が無くても入社後にしっかり学べる環境や先輩がいますので是非、一度会社説明会や面談に来て、実際の社内環境や社員と話しをしてみてください。お待ちします。

泉水

IT業界は理系というイメージがあると思いますが、実際はお客様と話をすることが多くあります。テクニカル的な技術だけでなくコミュニケーションスキルといった能力も十分発揮できる業界ですので文系の学生も一度話しを聞きに来て見てください。