社員紹介 EMPLOYEEEMPLOYEE 社員紹介

2017年新卒入社。学生時代はバイオサイエンスの研究に勤しみ、大学院卒業後にITの道へ。システム基盤サービス部でメインフレームを扱う技術者として日々奮闘中。

2017年入社/システム基盤サービス部
Naoya.M

大学の学部・院時代は・・・

学部時代は応用化学を専攻し、研究をしていました。ですが、研究の過程で生物系分野にも関わり、そこで生物系分野にも興味を持ったので、大学院ではバイオサイエンスを専攻しました。大学院では主に遺伝子に関わる研究をしており、抗がん剤開発の基礎分野など、非常に興味深い研究ができ非常に充実していましたね。研究尽くしの学生時代ですが、決して研究職に就きたいという理由で勉強してきたわけでなく、高校時代に化学が嫌いではないにも関わらず得意ではなかったので、苦手を苦手のままで終わらせたくないという自分の性格志向で進路を選択していました。 学生時代は勉強以外にも多くの楽しみがありましたが、大きく占めていたのは水泳部の活動で、全国大会への出場を目標に週3回ほど練習をしていました。友人達とたくさん遊ぶ時間を確保しつつも文武両道である、充実した大学生活を送っていました。

ITとはかけ離れた専攻から、なぜSE職に興味を?

私は研究系学生なので、その分野を活かせる企業の選考を受ける友人が多かったですし、自分自身もその道に進もうか少し迷っていました。しかし、親会社がIT企業である医薬関連の会社に就職した知人も多かったことから、就職活動中に『ITというものは自分が関わってきた化学系を含め、どの業界にも関わっているものだ』と気付き、進路を迷う中でIT分野に興味が沸いてきました。そして、研究職は1つのモノを極めていくという意味で技術職の一種だと思っているので、SE職の働き方との類似性を感じていましたし、知識を身に付けて自分の強みにし、それを活かせるSEをとても魅力に思い志望しました。同じ学部出身の先輩でSEになった人もいたので、研究系からSEという進路はさほど珍しいことではなかったという事もあり、ある意味安心感がありましたし『ITという新しい分野に挑戦してみよう!』という気持ちでの選択でした。

複数受けたIT企業の中でなぜアークに?入社してどう?

説明会のときに、「アークは遊びにも仕事にも本気の社風です」という言葉を聞いて、自分の行動傾向と近いものを感じたことや、会社としてそういう動きをしている事が素敵だと感じ、その時すぐに『選考に進もう』と思いました。内定をいただいたとき、社長から直接「一緒に働こう」と熱くお話してくださった事も決め手として大きかったです。もちろん、選考中の社員の対応の手厚さも素晴らしく、採用という枠を超えてすごく親身になって話を聞いてくれました。話したい社員を指名させてくださった事もとても印象に残っています。選考中にたくさん話を聞いてから入社したので、ギャップはないですね。実は、入社前まではIT企業に対して“ブラック”“深夜まで勤務”“地味”など様々なマイナスイメージがあり、面談した社員や人事の方から「アークはそういう会社ではない」という話を聞いても、正直少し疑っていました。しかし入社してみて、アークは想像を遥かに超えるレベルで遊びにも仕事にも本気ですし、プライベートも充実していてワークライフバランスが整っている人ばかりだと思いました。当初のIT企業のイメージとは違う環境で、良い意味で裏切られましたね(笑)。

アークに入って嬉しかった、楽しかった、良かったこと

たくさんあって、どれを言おうかという感じですが…(笑)。やはり、周りの社員がいろんな面ですごく気にかけてくれることはすごく嬉しいです。仕事中は、常にあたたかく見守ってくださりますし、業務上の細かい事であっても何でも相談に乗ってくれますね。技術知識が豊富な上位層の方が直接教えてくださることもあり、貴重な経験ができていると思います。アークは、年代問わず近い立場で接することができる環境で、仕事がやりやすいです。もちろん上下関係は最低限ありますが、先輩後輩と言うよりチームメイトとして関わりあうような社風なので、最初からとても話しやすい環境でしたし、今では部長に僕がつっこみを入れるくらいです。まだまだ足りないと言われますが(笑)。業務後や休日も、年代や部署を問わず様々な方が飲みや遊びに気軽に誘ってくれて、そういう場でもいろんなことが聞けるので勉強になりますし、いつもありのままの自分でいられて楽しく過ごせています。 最近では、技術的な業務以外に対しても積極的に取り組む姿勢を見て「気持ちいいやつだな」と言っていただいたことも、嬉しかったですね。

今後の展望

まずは目の前のことをしっかりやっていき、気付いたら技術スキルや様々な知識がついている状態になりたいというのはもちろんですが、「宮本に任せたら大丈夫だ」と社内外の人たちから安心されるSEになりたいと思います。『信頼されているのだから頑張らないと』というモチベーションにもなりますし。そのために今は、その日にやった作業内容のメモをとり、手が空いたときに振り返りができるようにしています。また、今後の方向性を探る為に、自身の技術領域における市場や動向を調べ、今後その分野でさらに必要とされるSEになる為には、現場で使える技術の他にどんなスキルが必要であるのかを調べたりしています。顧客の役に立ち必要とされるSEになる為には何を得るべきなのか、常に意識して行動するようにしています。 あとは、楽しみながら仕事をしていきたいですね。周りから見ても「いつも楽しそうだな」と思われるくらいになれたら最高です。それを実現するためにも、技術に対する興味と探究心は常に持ち続けようと思っています。

就職活動中の学生へ

就職活動は、もしかしたら今後何十年も働いていく事になるかもしれない会社を見つけることなので、自分が興味のあるものを活動中にしっかり把握することが大事だと思います。楽しそうに思える仕事である事はもちろんですが、覚悟を持って『この仕事なら多少苦労しても大丈夫、挑戦したい』と思える仕事を探すという観点を持つことも大事ではないかと思います。また、世の中にはたくさんの仕事があって、選択肢は無限大です。色んな業界・職種を幅広く知った上でやりたい仕事を選択できたら、納得感のある会社選びになると思います。その際には、“会社を選ぶ上で欠かせない軸”をしっかり持ち、ぶらさないように企業を選ぶと良いと思いますよ。

MEMBER 社員一覧MEMBER 社員一覧

  • Takashi.O
    システムマネジメントサービス部
    Takashi.O
  • Shinji.S
    プラットフォーム技術部
    Shinji.S
  • Kazuhiro.I
    ソリューション開発部
    Kazuhiro.I
  • Hikaru.K
    プラットフォーム技術部
    Hikaru.K
  • システムマネジメントサービス部
    Takahiro.O
  • システム基盤サービス部
    Serina.I
  • ソリューション開発部
    Chiharu.K
  • プラットフォーム技術部
    Masahiko.K
  • システム基盤サービス部
    Naoya.M