社員紹介 EMPLOYEEEMPLOYEE 社員紹介

2013年新卒入社。大学院で情報システムを学び、卒業後アークシステムへ。現在はプラットフォーム技術部で、様々な業界の顧客に多岐に渡る技術支援を行っている。

2013年入社/プラットフォーム技術部
Masahiko.K

学生時代~アークシステムに入社を決めるまで

大学では電子工学を専攻し、電気・電子回路、電磁気学などを学んでいました。情報理論という講義で通信の仕組みに興味を持ち、情報システムに関する知識を深める為に大学院に進み、インターネットなど、社会に身近なITの仕組みについて研究しました。日常、当然のように接しているITの裏側を深く知ることで更に興味が深まり、ITへの魅力が高まりました。 就職活動は、学生時代にIT系の勉強をしていたので、活動軸は『IT業界』に重きを置き、その他に自分の興味のあるものと関わりがある企業を数社受けていました。働く企業を選ぶ際には、“この会社にはどんな社員がいるのか?”がしっかり見えたかを重視していました。なぜなら、人事の方だけでなく、実際に一緒に働く事になる色々な社員に会って話をし、しっかり社風を感じ取る事で入社後のギャップをなくしたいと思った為です。また、人材の魅力以外にIT業界における強みを会社がしっかり持っているかも確認していました。アークシステムは、選考中に多くの現場社員と話すことができた上、人材と技術的な強み全てが備わっている印象を受けました。実際に入社してから全くと言ってよいほどギャップがないのは、当時の就職活動で多くの社員としっかり話した事により、ここで働く自分をイメージできていたからだと思います。そして何より、面談の際に私を必要としてくれた事、1人1人が仕事への熱意をもっている事が感じられたのでアークシステムに入社を決めました。  

入社後の仕事は?

プラットフォーム技術部の技術領域は広く多岐に渡る為、他部署と連携する仕事も多く、最初の現場はシステム基盤サービス部と共同で、大手銀行のお客様が利用しているメインフレームの上にオープン系のソフトウェアを構築するプロジェクトに携わりました。まずは、先輩が作成した手順書の確認作業から始まり、手順に漏れがないか等チェックを行い、その手順に従って1項目ずつ作業を実施していく地道な作業をしていました。OJTで指導してくださった先輩や上司のおかげもあり、入社半年後には自分で手順書の作成が出来るまでにステップアップすることができ、自身の成長を早々に感じることができて嬉しかったです。今は2つのプロジェクトに携わっており、1つは大手保険会社様のテストフェーズの支援を行っています。お客さまのシステムと、そこにつながっている様々な他システムとの間で障害が起きた事態を想定して障害発生時には誰がいつ何をするのかといった障害時の対応作業・フローを定義(設計)するところから、実際に定義した対応をテストするための計画立案・実施まで支援しています。もう1つは、大手広告代理店のお客様のシステム移行支援です。オンプレミス(データセンター等にHW資源を設置し運用管理する形態)で稼働しているシステムをクラウドへ移行するための計画立案からはじまり、技術的な調査や移行作業支援などを行っていきます。その中では、クラウドサービスだからできる最適な構成などの検討も行っています。プラットフォーム技術部が扱う案件は、他部署と比較すると数ヶ月単位の短期間で完了するものが多いです。案件ごとにお客様も変われば求められる人的・技術的スキルが異なるので幅広い知識が必要とされます。技術は日々進化していきますので、お客様のニーズに対して的確に対応できるSEでありつづける為に、常に知識を増やす努力をしています。  

今後の展望は?

今まで、様々な案件・製品に携わってきました。その中で自分の一番の“ウリ”になるものを作り、『この話なら小林さんが詳しいからお任せしたい』と言われたいと考えています。部署の中には、保守運用に関する深い知見を持つ社員や、技術はもちろんのことお客様との信頼を創るコミュニケーション力が非常に長けている社員もいます。私も何か一つ、確固たる強みを持ち、自分に更なる自信を付けたいと思います。  

休日の過ごし方

学生時代に写真部に入部したのをきっかけに写真に魅せられ、社会人になっても飽きずに写真活動を楽しんでいます。「散歩」と「写真」の相性がいいので、休日はぶらぶらと歩き回ってマイペースに写真を撮るのが好きですね。どこかに出かけるときはいつもカメラを持っていきます。休日をまるっと使ってフィルムカメラで撮った写真を現像して、1枚の写真を作るところまでじっくり取り組むこともあります。仕事も趣味も、自分の刺激になるようなことをできている時はとても楽しいですね。アークには、「私はこれが好き!」というものがある社員が多いと思います。  

アークシステムを目指す人へ

SEになる上では、「コツコツ勉強」、「常に情報収集」の2点が苦ではないというのは必要な資質だと思います。その上で、成長意欲をもって前向きに行動できる人は伸びる人材だと思いますし、求める人物像ですね。また、技術もやり、マネジメントもするプレイングマネージャーを目指す人には、非常に良い環境だと思いますよ。“待ち”の姿勢でなく自らどんどん行動して欲しいと思いますし、アークシステムはそのような社員を積極的にサポートします。入社前にはたくさん社員とお話をして、私のようにギャップなく入社していただけると幸いです。

MEMBER 社員一覧MEMBER 社員一覧

  • Takashi.O
    システムマネジメントサービス部
    Takashi.O
  • Shinji.S
    プラットフォーム技術部
    Shinji.S
  • Kazuhiro.I
    ソリューション開発部
    Kazuhiro.I
  • Hikaru.K
    プラットフォーム技術部
    Hikaru.K
  • システムマネジメントサービス部
    Takahiro.O
  • システム基盤サービス部
    Serina.I
  • ソリューション開発部
    Chiharu.K
  • プラットフォーム技術部
    Masahiko.K
  • システム基盤サービス部
    Naoya.M